アンティーク風の真鍮雑貨をイタリアから直輸入し皆様にお届けしております

サイトマップ

  • マイページ
  • 会員登録
  • カートを見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートの中に商品はありません


ショッピングカートを見る

ご購入されたお客様から投稿していただいた素敵なお部屋の写真をご紹介します!

詳細はこちら
スマホからもお買い物できます
2017年12月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

営業時間:12-19時
※赤字は休業日です。
諸々ございまして、営業時間が短くて申し訳ございません。
ですが、タイミングが良ければ即日発送もあり、通常でも2営業日以内に発送しております。

真鍮雑貨はイタリアのこだわりの職人の手によって創られています

フィレンツェを中心とするトスカーナ地方は、イタリアでもっとも豊穣な大地。
紀元前10世紀頃からエルトリア人が文明を営み、ついでローマ人が入植して都市の基礎を築きました。
やがて中世に入るとフィレンツェはミラノとローマを結ぶ街道を生かし、
毛織物業を中心にイタリア随一の商業都市へと成長します。
そして豪商として政治の実権を握ったメディチ一族が登場。
ルネサンスの扉を開くことになります。

「花の都」「ルネサンス発祥の地」「町中がひとつの美術館」などといわれる
フィレンツェは、大聖堂(ドゥオーモ)やヴェッキオ宮殿などの古い建築物があり、
世界的な名画や彫刻を集めたウフィーツィ美術館をはじめとして、数多くの美術館があります。

フィレンツェの魅力の多くは、かつてこの町で活躍したボッティチェッリ、
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ドナテッロ、ミケランジェロ、ブルネッレスキなど
優れた画家、彫刻家、建築家たちによって生み出され、
現代のファッションデザイナーたちの創造性が、そこに新たな魅力を加えています。
要するに、フィレンツェは芸術家によって支えられた町であるといえるでしょう。

ところで、中世・ルネサンス期には、画家、彫刻家、建築家はまだ芸術家ではなく、
それぞれ同業組合に属した職人でした。画家は顔料を使うので、医者・薬種組合の
下部組合員でしたし、石を彫る彫刻家は、石工組合に属していました。

大聖堂の美しい大理石の幾何学模様、宮殿の見事な装飾の正面玄関の扉、
教会の壁や祭壇の装飾、貴族の邸宅で使われた食器類や家具調度品、重厚な建物、バッグ、靴、
ドレス、アクセサリーにいたるまで、中世期においては無名の職人たちのなした業であります。
つまり、フィレンツェは芸術の町以前に職人の町であるといえます。

イタリアのブレシアには真鍮製品の工房があります。
ブレシア・・・ミラノとベネチアの大体中間あたりですね。
家族的な小規模のものから、比較的大きな工場まで様々です。

真鍮は、銅と亜鉛の合金で黄銅ともいいます。
亜鉛の含有率が35%のものが一般的で、その他には、銅60%、亜鉛40%のものを 六・四真鍮といい、
銅70%、亜鉛30%のものを七・三真鍮といいます。

では、これを材料にどのような工程を経て商品が生まれるか、簡単にご説明いたします。

  1. デザインを考えてプラスチックや木などでモデルをつくります。
  2. そのモデルから真鍮でひとつだけ原型を鋳造します。
  3. 鋳造された原型の継ぎ目からはみだした真鍮、細かい模様部分などを
    ヤスリで削り、きれいに仕上げます。
  4. この原型から型をとります。
  5. 溶かした真鍮を、型に流しいれます。
  6. 固まった製品のはみでた部分を削り、模様を仕上げます。
  7. 研磨機で磨きます。
  8. 必要に応じてメッキを施します。

多くの手作業により、ひとつひとつ美しい商品が仕上がっていきます。

伝統的な真鍮製品ですが、近年その市場は縮小傾向にあるようです。
手間がかかるうえ、継承者も減っているのが現状ですが、
根付いたクラフトマンシップが、この先も絶えないことを望みます。

当店人気商品BEST3
真鍮製品一覧
ピューター製品
お得なセット販売
  • 優雅な空間を演出
  • 夜を楽しむ
  • リフォームに憧れの真鍮
  • 空間デザイン
  • アンティーク真鍮の魅力
  • 人気の燭台
  • あの人に贈りたい非日常のおくりもの
  • お手入れ方法