真鍮雑貨のお手入れ方法をAlivioが詳しくお教えいたします

サイトマップ

  • マイページ
  • 会員登録
  • カートを見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートの中に商品はありません


ショッピングカートを見る

ご購入されたお客様から投稿していただいた素敵なお部屋の写真をご紹介します!

詳細はこちら
2017年8月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

営業時間:12-19時
※赤字は休業日です。
諸々ございまして、営業時間が短くて申し訳ございません。
ですが、タイミングが良ければ即日発送もあり、通常でも2営業日以内に発送しております。

真鍮雑貨のお手入れ方法は初心者でも不安な方でもすることが出来ます

新しい真鍮製品は金色に輝いています。
デザインも素敵で見た目にとても綺麗だし、値段も手ごろだからと買い求めたのに、しばらくすると黒っぽくくすんできてしまった・・・
こんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
これは真鍮の表面が空気に触れて酸化するために起こります。
くすみは自然現象であり、実はこれによって金属を保護する役目も果たしています。
また、特有の金物のにおいも減少させる効果があります。

真鍮は銅と亜鉛の合金です。
真鍮は亜鉛より銅の方が多く、柔らかい(傷つきやすい)、色が赤みが強い、高価という特徴があります。逆に、銅より亜鉛の方が多いものをイタリアブラスといい、固い(傷つきにくい)、色が青みを帯びた金、安価という特徴があります。
真鍮の特筆すべき性質として、殺菌作用が挙げられます。銅、真鍮に殺菌作用があるというのは米国環境保護庁(EPA)が正式に発表したもので、金属材料としては初となります。このような性質から、ドアノブや手すりに用いることで院内感染を防ぐ効果も期待できます。

日頃のお手入れは、古布で拭いていただくだけで良いのですが、
くすみが気になるようでしたら、市販の金属研磨剤で磨いていただければ、以前の輝きを取り戻すことが出来ます。

これと違って黒ずんだり緑色のサビ(緑青)など、汚れの原因は主に水分や汗です。
手脂や汗が付いたら食器用洗剤でサッと洗って乾いた布で拭いて下さい。
水分が付いたまま放置してはいけません!

それでもいつも間にかついてしまった汚れ・・・
大丈夫です。金属研磨剤で磨けば、多くの汚れは落とすことが出来ます。
仏具用真鍮磨きや金管楽器用の研磨剤で可能な部分だけ磨いてあげましょう。
クレンザー・ナイロン製のたわしなどの目の粗い研磨剤を使用すると、傷がついてしまう恐れがあるのでお気を付けください。
【金属研磨剤 オールメタルポリッシュ】

色も自然なまま、酸化を落とすことができます。
金属を曲げないよう程よい力で洗いましょう。
中性洗剤や石鹸を少し混ぜると、さらに効果が高まります。
最後に水けをよく拭き取るのを忘れないようにしましょう。

酢がくすみを落とし、塩が研磨剤の役割をします。
ただし、塩が残ってしまうとよくないので、しっかりと拭き取りましょう。
汚れの落ちにくい場合は、薄めた酢に一晩付けた後に磨くとよいでしょう。

ピューターは錫(すず)を含む合金で、金属臭や味が付きにくく、 硝子のように割れたりしないため、古くから高級金属として珍重されてきました。
また、水を浄化(イオン化)する働きを持ち、熱伝導効率のいい性質を持っています。
ピューターは腐食・変色・酸・アルカリに強く、飲み物を入れる器としては最高の材質とされてきました。

ピューターの粒子は不純物を吸収する作用がある為、水を浄化してビール・ウィスキー等が本来持っていた旨味を引き出すと言われています。
銀製品が短期間に黒ずんでくる難点があるのに対し、ピューター製品は錆びにくく銀のような輝きを長期間楽しめるのも特徴です。
ただし、銀製品に比べてやわらかいという特徴もありますので、優しく扱ってあげてください。

ピューターはキズがつきやすく熱に弱いので取扱いにはご注意下さい。
乾杯でジョッキの角を当てたり、直火にかけると変形の恐れがあります。
普段のお手入れは古布で乾拭き程度ですが、汚れか酷い場合は、研磨剤
で磨くと綺麗になります。【金属研磨剤 オールメタルポリッシュ】
食器等のご使用後は柔らかいスポンジでやさしく洗って乾かして下さい。
錆を避けるため水につけたままにはしないで下さい。

当店人気商品BEST3
真鍮製品一覧
ピューター製品
お得なセット販売
  • 優雅な空間を演出
  • 夜を楽しむ
  • リフォームに憧れの真鍮
  • 空間デザイン
  • アンティーク真鍮の魅力
  • 人気の燭台
  • あの人に贈りたい非日常のおくりもの
  • お手入れ方法